アコムの審査で重視されるポイント

アコムの審査基準は満20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有し、アコムの設定する基準を満たす人が貸付対象者となります。安定収入があっても未成年や、年金収入だけの高齢者の場合はアコムに申込みできません。安定収入があれば派遣社員やアルバイトやパートの人でも申込みできます。ただし本人に収入のない専業主婦や無職の人は借入対象外となります。
年収については高収入ならよいとは限りません。年収の少ない非正規雇用者でも、毎月一定額を安定的に得ている人は審査に通る可能性が高くなります。逆に正社員でも年収に占める営業成績などの比率が高くて、収入の上下動の変動が大きく安定しない人は審査通過が厳しくなります。ただ借入限度額は年収に応じて決定されるので、収入の少ない人が高額融資を受けることはできません。返済能力に応じて適切な限度額が設定されるのです。
審査では勤続年数も重視されます。安定収入という以上、短期間で職を転々と変える人は条件を満たせません。大企業でも入社6ヶ月程度の人は審査が難しくなります。最低でも1年以上の勤務実績が必要です。アルバイトでも同じ職場で3年以上働いている人は審査で有利になります。つまりアコムの審査では、年収の高低よりも安定性の方が重要視されます。カードローンは毎月きちんと計画的に安定して返済することが求められるからです。
アコムの審査では申込者の信用情報も重要な項目の1つです。専門の信用情報機関で申込者について厳密に登録情報の確認が行われます。過去に自己破産などの債務整理の経験があったり、3ヶ月以上の返済延滞がある場合は審査通過できません。年収の3分の1を超える借入をしている人や、3社以上の他社借入があると審査落ちの対象となります。また短期間に続けて金融業者に申込をした人は、お金に困窮していると見なされて審査落ちします。多重債務の危険性があると判断されると審査に通ることはできません。
このようにアコムの審査では、申込者の安定収入と信用情報が特に重視されます。アコムの審査を受ける前によく自分の条件を確認しておくことが大切だといえます。